ラーメン

 ここに、一冊の小冊子があります。「杉並ラーメンマップ」。杉並区の職員達がCI(コミュニティ・アイデンティティ)の一環として区内のラーメン屋約500軒 のうち、400軒を実際に訪問し、作成したもの。作成年月は、1993年。

 「杉並区」といえば、そう『「知的」でありながら「庶民的」』、という二つの異なった雰囲気を持つ区で、中央線沿線の高円寺、阿佐ヶ谷、荻窪当たりで活躍した作家達(太宰治から井伏鱒二まで)の歴史を調べれば、日本の文学史にほぼ等しいとも言える華麗さですが、この伝統(?)はラーメンにも脈々と生きている。そう、華麗で味のある、従って「知的な」ラーメンが多い。

 全国的に有名なのは荻窪。有名な店が結構ある。「丸福」「春木屋」などなどあまた。いくつかの店は長蛇の列。しかし、この杉並区の職員達の調査によれば、実は高円寺、そう我が第二の故郷である「高円寺」が店舗数では杉並区で一番多いのだそうです。

 むろん、数だけじゃありまへんえ。あまり先に送っても怒られますからまず一軒。私がよく行く店を。新宿から来て環七と青梅街道の交差点(高円寺陸橋)を右折して50メートル北上したところにある

味噌一

 はなかなか良いラーメンを食べさせてくれます。「ピリから」で食べるネギが好きで、いつ行っても「良かった」と思える。「味噌」は「身礎」と講釈もなかなか良くできていて、けっこうおなかにしっかりと定着するラーメンを食べさせてくれます。高円寺では

ホープ軒

 もなかなか。一年前くらいはここによく行った。「ホープ軒」でも味は店によってかなり違う。環7と青梅街道の交差点を挟んで「味噌一」のちょうど反対側にある「ホープ軒」よりも、高円寺の南口の「ホープ軒」の方が旨いと思う。ただし、これは個人差がある。千駄ヶ谷のホープ軒は、麺が太くて嫌いです。

 杉並区ではないものの、環7の話が出たのでついでに環7沿線のラーメン屋で一つ紹介すると

なんでんかんでん

 は確かに変わった味を出している。ここは甲州街道と環7の交差点から世田谷通りの方向に5分くらい走った右側。いつ行っても人が並んでいて、駐車場があるのだけれどその駐車場に車が入りきれなくて、交通整理の担当がいるという珍しいラーメン屋。ネギをふんだんに使っている。

 ――――――――――

 あまり杉並ローカルの話ばかりではつまらないので、都内全般で私が「これは」と思っている店を一つだけ紹介しましょう。それは秋葉原、赤坂、銀座に各1店、それに原宿に3店ある

じゃんがら

 これは正直お勧めです。大手町にオフィスがあった時には秋葉原によく行きました。駅前の中央通りを上野方面に少し歩いて、ミナミデンキのところを左折、少し入ったところ。昼も夜も込みます。比較的空いているのは赤坂店でしょうか。当然昼が空いている。見附から溜池の方向に少し歩き、「東京ジョーズ」の前を通り越して左側。秋葉原が「じゃんがらラーメン」しか置いてないのに、赤坂店には「こぼんしゃん」「しおちゃん」という二つの新種ラーメンがあるのが良い。「じゃんがら」チェーンにはあと「ばんしゃん」というラーメンもあって、こちらは原宿1、2号店、銀座店で食べられる。

 そこで浮かんでくる疑問点は、

 「じゃんがら」

 とはなんぞやという点。店のパンフレットには

  1. ふるさとを想い慕う望郷の意味(歌―長崎物語、じゃがたら文、じゃがたら  

   お春)

  1. 祈り、願い、感謝する意味(平戸ジャンガラ祭り、ジャン=鉦の音、グァラ

   =小太鼓の音)

  1. 情を大切に生きていきたいという意味(「情がらみ」→じょうがらみ→じょ

   うがら→じゃんがら)

 ――――――――――

 ラーメンだったら「ここがおいしい」というのは読者各位にもヤマほどあるでしょう。酒を飲んだ後のラーメンのおいしさは筆舌に尽くしがたい。ほんの数店しか紹介できないのが残念です。徐々に増やしていきましょう。

 最近気づいたのは、高円寺の周辺だけでもラーメン屋は著しい増殖を果たしている。お店が一つなくなったと思ったらラーメン屋になっているということがしばしば。業界として繁栄しているようでなによりです。業界が、常に「うまい」ラーメンに挑戦し続けた成果でしょう。今後も消費者である我々を楽しませて欲しいものです。こちらも、体調を整えて挑戦を続けたいもの。

 みなさまには良い「ラーメン生活」を............!
 それから、ラーメンに関してはインターネット上にはヤマほどサイトがあるけれども、最近見た中では、http://www.st.rim.or.jp/~nohtomi/ramen/r-typeb.htmlが比較的充実していた。それから「じゃんがら」は、96年9月10日にホームページを作りました。urlはhttp://www.dis.co.jp/Jyangara/Jan_fram.htmです。なかなか綺麗。訪れてやって下さい。参考までに。

(電話番号は予約が効くわけでなし、公表を控えさせていただきました)

Back to Base 中 華 地中海まわり NYの店 京都の店 和 食 ShowBiz DRINK


ALL RIGHTS ARE RESERVED.Copyright(c)1996 伊藤 洋一