2007年04月30日(月曜日)

 (03:28)MLBのHPをたまたまこの時間に見たら、ドーンと岡島の顔写真が出てきて、こう書いてある。

 「Have you heard about Boston's Japanese star ?」

 「君はボストンの日本人スターについて聞いたことがあるかい?」。写真がなければ、誰もが思い浮かべるのは松坂でしょう。しかし違うのです。写真が間違っているわけではない。幼顔の岡島の写真の下には次のように書いてある。

 Daisuke Matsuzaka may be a fascination on two continents, but Hideki Okajima, Boston's other offseason import from Japan, is carving out quite a niche for himself in the Sox bullpen.
 その通り。今現在で言うならば、ボストンにとってより大きな存在感を持つ日本からの助っ人は松坂ではなく、岡島です。大リーグで投げた第一球をHRされた以外は、無失点。登板した過去11試合では一点も自責点なし。防御率は0.71。ヤンキースのリベラは前回セーブに成功する前は防御率が12.51でしたから、いかに岡島が傑出しているかが分かる。

 褒めすぎるとその次から悪くなるかもしれないが、MLBのHPが大きな写真と記事を掲げる価値は今の岡島にはある。ははは、栗原さんも嬉しいでしょうな。ま、今は生活の基盤を確立するのに忙しいでしょうが。MLBのHPの記事は以下のようになっている。

Okajima emerging out of the shadows
Japanese reliever proving to be a reliable arm in Sox 'pen

By Ian Browne / MLB.com

NEW YORK -- Unlike his fellow countrymen, whose every step had been followed from the Far East to Red Sox Nation, Hideki Okajima arrived in relative anonymity. Lost in the shadow of Daisuke Matsuzaka, Okajima cutely embraced that role with what probably ranked as the quote of Spring Training from any Red Sox player. "I'm willing to be a hero in the dark," said Okajima.

It was a great statement in theory. But the light is now shining brightly on the lefty reliever, who, in April gained more trust from manager Terry Francona than any Red Sox reliever but Jonathan Papelbon.

Okajima, contrary to some early misinformed speculation, did not come to Boston to be Matsuzaka's companion. In fact, the two did not even know each other until they became teammates this spring.

The Red Sox signed Okajima as a free agent for the sole reason that they felt he could be a key player in their bullpen.

And with the exception of one pitch -- his first in the Major Leagues which was promptly deposited over the wall by Royals catcher John Buck -- Okajima has been just that.

Since that Opening Day indignity, Okajima -- who has an ERA of 0.71 -- has not been touched. He brings a string of 11 consecutive scoreless outings into Tuesday night's game against the A's at Fenway Park.

Perhaps Okajima has Buck to thank for all the success that has come his way over the last few weeks.

"When I gave up the home run to him, I thought, 'Wow, Major League batters are really great.' Because of that one pitch, now I've been able to get this far," said Okajima. "That pitch was a good chance for me to learn what I need to do to have success in the Major Leagues. It made me rethink what way I can pitch in the United States and be successful. The result of that is where I am and how I'm pitching."

Born on Dec. 25, 1975, the 31-year-old Okajima has been a Christmas present of sorts for the Red Sox. Backed by a sneaky fastball, a plus-curveball and a changeup that has become a bigger weapon than the Red Sox expected, Okajima is pitching lights-out.

"We knew he was a left-handed pitcher that had command. But we saw him more as a fastball-curveball guy based on the scouting reports and video that we watched," said pitching coach John Farrell. "The biggest surprise is how he's brought along his changeup and really a split change that's given him a pitch that's got later action and good arm speed and deception with it. To me right now, it's probably the most effective pitch of his three-pitch mix. That's not to degrade his other two. That's the one pitch that's been the most surprising."

The true coming out party for Okajima came at Fenway Park the night of April 20, when, with Papelbon unavailable, Francona brought the lefty out of the bullpen to save a game against the Yankees. Okajima went right through the meat of the Yankees' batting order for his first Major League save and was en route to folk hero status.

"He's the one guy, because of that changeup, we thought he had a chance to go through the middle of the order and that's what he had to do and he did a great job of it," said Francona. "Now, all of a sudden, Pap didn't pitch and we've got some confidence in another guy that feels good about himself. It works team-wise really well. I think we can grow from that."

In fact, Okajima has been sensational against the Yankees thus far, holding them to one hit over five innings and striking out seven.

The rivalry is intense and all, but Okajima will tell you he's seen another version of it back home as a longtime member of the Yomiuri Giants.

"In Japan, there is a traditional match between the Yomiuri Giants and the Hanshin Tigers, and from what I saw when we played against the Hanshin Tigers in Koshien, the fans were going even more crazy then the fans here at Yankee Stadium," said Okajima. "In Japan, in the grandstands, musical instruments are loud, including trumpets and other instruments. Noise is definitely louder."

The Yomiuri Giants -- the team Okajima pitched 12 of his 13 Japanese professional season for -- were every bit as prominent a team in Japan as the Red Sox or Yankees are in the Major League Baseball universe.

"My experience in Japan definitely helps me to deal with these situations, and these big games and with a lot of pressure," said Okajima.

Before he started burying changeups and curveballs by star hitters like Jason Giambi and Hideki Matsui, Okajima wasn't sure how he would fare amid his new surroundings.

"At the very beginning when I came over here, I was pretty nervous," said Okajima. "A lot of things were going through my mind. But those thoughts and concerns are all gone now. I am very glad that I came to the United States to play baseball and I'm happy to be here."

Yankees first baseman Doug Mientkiewicz went so far as to dub Okajima the Red Sox MVP for April. Okajima laughed heartily when told of that statement by his translator.

"It's still very early in the season," Okajima said. "If I heard that at the end of the season, I would be very happy to hear that. I will stay humble and I will keep working hard to continue the success."

And the more he achieves, the smaller that shadow becomes. The hero in the dark is coming to light.

 MLBで投じた第一球をHRされたことで、目覚めたんですな岡島君は。だから、良かったのです。あれで目が覚めたが故に、今があると彼も言っている。

 ミンキエビッチも面白いことを言っている。まあそうでしょうね。岡島はボストンにとって「4月のMVP」。その後の岡島の言葉が良い。最後に赤くした部分です。そうそう。契約もそう長くないんだから頑張らないとね。それにしてもナイス。


2007年04月29日(日曜日)

 (08:28)ははは、MLBのサイトでずっとヤンキース対レッドソックスを見てました。井川が良かったですよ。

 このサイトに山ほど書き込みしました。これから出掛けますが、まあ良かったのでは。


2007年04月28日(土曜日)

 (12:05)ヤンキースの試合は、見ていて痛い。打たれた後のリベラの顔も痛いし、トーリ監督の顔も痛い。試合内容はもっと痛い。

 救いがなくなりましたな。調整登板でリベラを出したら、3連続ヒット。自責点は3点はついた。三分の一しか投げていない(一死しかとっていない)ので、防御率は絶望的な数字になったに違いない。松井もバットを振っていない。松坂に対する二つの中飛は当てただけ。

 ペティットはチームが逆転してくれたところでヒット、四球とあっさり点を取られて5回ももたず。アブレイユは全く当たっていないし、Aロッドも悪い。松井も悪い。ジオンビーが久しぶりに当たっているが、本来の当たりではない。ははは、暫くダメですな。相場的にはもう落ちようがない、というところなので、反発があってもおかしくないのですが。

 松坂はまたしても「もらった一勝」ですかね。なぜか4回に崩れる。しかし、その他の回は良かった。変化球をうまく使っている間はよいが、力が入って直球が150を超えてくるとおかしくなる。まだ本調子じゃないんでしょう。マウンドが固くて、足の筋肉がやや張っているという。

 それにしても、岡島は日本の球界では半ば引き取り手がないような形でMLBに行ったのですが、これで9試合連続失点なし。何と言ってもあのカーブが武器ですね。ポサダを三振にとった球など素晴らしい。

 これでヤンキースは負け越しが5。ボストンとのゲーム差は6.5。ま、まだ4月ですがね。


2007年04月27日(金曜日)

 (17:41)今まで、「それは可能だ」と知っていながら実際にやろうとすると分からなかったことを、やっと覚えました。それは、こっちからかけようが、向こうからもらったものであろうと、相手と通話中に携帯電話内のメモリーから番号を調べ出すこと。そしてそれを相手に伝え、通話を続けること。

 これはけっこう頻繁に起こります。相手と電話中に、「じゃ、その電話番号を教えてくださいよ」とか、「じゃ、電話番号をください」と言われたとき。今までは一回電話を切って、調べて、そしてかけ直していた。そしていつも、「これは恥ずかしいことだ」と思っていたのです。二重の手間だし、自分のマシンにも付いていると知っている機能を使っていなかったのだから。

 昨日も同じシチュエーション。ついに自分に堪忍袋の緒を切らして(?)、周りの人に聞きながら自分の機種でそれがどうできるかどうか、出来るとしたらどうすれば良いのかを調べました。教えてもらった部分が大きかったのですが。何でもそうですが、一回出来るようになると、あとは簡単。

 私が使っているプレミニには、キーとして電話帳キーがない。通話中に大部分の機種ではそれを押せば電話帳は開く。プレミニでは一度中央にあるメニューキーを押して、そこから電話帳を開く必要がある。その点だけでした。その状態にしておくと、検索も簡単に出来る。

 「なあんだ.....」ということも、出来ると出来ないでは大違い。もう何年もこの機種を使ってやっと覚えた機能。今のマシンには、知らないけれども便利な、そしてまだまだ使える機能が一杯詰まって居るんでしょうな。


2007年04月26日(木曜日)

 (17:41)ちょっと久しぶりかな、映画を見ました。前回は渋谷で「善き人々のためのソナタ」を見たと思ったのですが、今回はアメリカのルイジアナ州での実話小説をベースにした映画。

 all the kingsmenという長い題名です。生活格差が著しく大きかった第二次世界大戦前のアメリカはルイジアナ州。一部の豊かな、そして貴族的な生活をする人間と、圧倒的に貧しい、圧倒的な数の民衆。正義の味方で登場した元公務員の州知事(ショーン・ペン)が、選挙運動中に演説の方向を変え、民衆の心を掴む過程などは、見ていて迫力がある。

 当選するが、「善は悪からも生まれる」と、州の政治をおかしな方向に引っ張っていく姿には既視感がある。そしてその知事を見つめ、かつ多くの場面で知事に荷担する、以前は裕福だったものの今は没落しつつある一家出身のジャーナリスト(ジュード・ロー)。

 スタークという知事を見ながら、今の世界に照らすとベネズエラのチャベス大統領のような男だと思いました。州の資源をあさる石油資本などを激しく非難し、徹底して数を持つ貧しい民衆の味方をする。しかし、その中で徐々に汚職と傲慢に彩られる州知事生活を送るようになる。

 今的要素で言うと、格差映画です。当時のアメリカにもチャベスが生まれるような要素が色濃かったことが興味深い。よく見ていないと、「何を言いたいのか」分からなくなる面もあるが、政治の現実と人間が陥りやすい落とし穴を示しているようである。見終わって爽快な気分にはならないが、何か一つ残る映画でした。

 本は続けざまに新幹線の中などで三冊読みました。

 高層難民
 民主党は、なぜ頼りないのか
 本能の力

 うーん、どれもイマイチだったな。まあ一番「そうだろうな」と思うのは最初の本でしょうか。二番目の本は、その意図が明確すぎてダメでした。三番目の本は、「体罰の定義」からして納得できなかった。体罰の意味は認めるが、定義づけてするモノではないと思っているので。

 ちょっと最近良い本がないんですよ。


2007年04月25日(水曜日)

 (17:41)二つの重要なニュースが。一つは、香港を除いても日本にとって中国が一番大きな貿易相手国になったこと、もう一つは今年第一・四半期だけの統計だが、トヨタがアメリカのGMを抜いて世界一の自動車販売メーカーになったこと。

 18年度対中国貿易総額は25日に財務省が発表したもの。「平成18年度の貿易統計速報(通関ベース)によると、対中国の貿易総額が香港を含まないベースで対米国を戦後初めて上回り、中国が最大の貿易相手国となった」とニュースは伝える。財務省は「原材料を日本から中国に輸出し、製造、組立をして輸入することが定着してきている」と指摘。

 実際の数字を見ると、「香港を除く中国向け輸出は11兆3145億円(前年度比21.2%増)、輸入は14兆1131億円(同13.0%増)で、ともに過去最高。合計額は25兆4276億円で、対米貿易の25兆1608億円を上回った」という。今までは香港を入れて中国が日本にとっての最大の貿易相手国だった。これが単独で達成されたことになる。

 もう一つのニュースは、トヨタのGM抜き去り。ウォール・ストリート・ジャーナルには以下のように書いてある。

GM Slips Into Toyota's Rearview Mirror
Japanese Firm Passes U.S. Rival for First Time In Quarterly Global Sales

The auto industry has a new No. 1: Toyota Motor Corp. Now it faces the considerable challenges inherent in just being big.

The Japanese auto maker surpassed Detroit competitor General Motors Corp. in quarterly world-wide sales for the first time, underscoring the profound shift that has occurred in the global auto industry once dominated by Detroit's Big Three. Surpassing GM, albeit for one quarter, caps a remarkable surge by Japan's No. 1 auto maker by output, which had a little more than half GM's world-wide sales volume a dozen years ago.

Toyota has had bigger manufacturing-quality recalls in the U.S., its engineering staffs are straining to keep pace with a growing array of vehicles and it has become a target for criticism by some environmental groups.

Moreover, the battle for dominance in the world auto market going forward will shift away from the U.S. market -- where Toyota benefited for years from a legacy of mistakes by Detroit's auto makers -- to emerging markets such as China and India, where energetic local auto makers are learning how to compete by reading Toyota's playbook.

 とこの記事が、これからトヨタが直面する、また直面している問題を指摘しているのが興味深い。そういえば、以前トヨタの幹部と会ったときに、「人材不足」を盛んに行っていましたな。

 いやいっぱい人材はいるんですよ。トヨタは人材の供給源になっている。しかし、戦線が拡大する中で、品質維持、販売管理などいろいろな面でトヨタは人材を必要としている。育ってはいるが、戦線の拡大が急すぎるという意味です。

 おっと、実数を忘れていました。両社が発表した数字によると、今年第一・四半期にGMが販売した車の数は226万台、対してトヨタが販売した車の数は235万台。GMの不振はもっぱら北米市場での不振に尽きる。

 このニュースを報じた英フィナンシャル・タイムズは、「これで北米の保護主義に火がつくかも」と解説しているが、そうでしょうかね。この見方はちょっと古い気がする。


2007年04月24日(火曜日)

 (25:41)「もう一年以上大阪に来ているのに、そういえば行ってないな」と思って、大阪の難波より南、通天閣がある新世界から、さらに南のあいりん地区(通称釜が崎)に行ってみました。JRだと新今宮、地下鉄だと動物園前のあたりから更に南。

 今までは行っても南は相撲が行われる南海難波駅周辺とか、大阪の言ってみれば原点(市場や花街があったという意味での)があるとも言える西区(カウンター本の取材で何回か)、さらには電気街の日本橋周辺までしか行ったことはなかった。しかし今日は夕方から約束の時間まで2時間ほどあったので。

 新世界の周辺は、今は大阪でも大きく変わってきている街と聞いていましたが、なんか美味しそうな食べ物屋さんがいっぱいありましたな。私が興味を持ったのは、串カツどて焼き。食事の約束があったのでやむなく食べませんでしたが、いつかは行きたい。

 それにしても、あの通天閣の作り方は変わっている。歌に結構出てきますから知ってはいましたが、独特の建設の仕方だと。その周りにある店がまた変わっている。夕方でしたが、実に大勢の人(ほとんどが男性でしたが)が美味しそうに食事をしている。値段を見たら非常に安い。それにしても、通天閣の4本の足は頑丈そうだ。

 そこを過ぎて、さらに西成区の通称「センター」とか、警察署、さらには三角公園(これも通称でしょうか)にも行ってみました。警察署には驚いたな。あんなに頑丈に守られた警察署は見たことがない。どんなことが起きても守れる....という作りをしている。一人も警察官の姿を見ませんでしたが。

 三角公園では、大勢の男性が同じ方法を向いているので何かと思ったら、テレビか何かを見ている。圧倒的に男の世界です。「あいりん地区に外国人旅行者が進出」とかいうニュースはあったし、事実増えてはいるのでしょうが、さすがにこの地区では見かけなかった。

 その周辺にはびっしりと、「なんとかホテル」とか「なんとか宿泊所」が並んでいる。「一泊1400円」とかのカンバンが目立ったな。もっと安いところもあるのでしょう。この地区に住む労働者でも、例えば鉄筋組みなどで腕がある人は、毎日仕事があって、月収で相当な稼ぎがあるとか。「西成に住む人はまだ労働意欲がある人」との評価も聞きました。

 近くにあったスーパーには驚きました。大きく、かつ派手に「玉出」と書いてある。まあネオンばちばちの勝手な作り。最初パチンコ屋さんかと思った。しかしよく見ると「何々はいくら」と値段が書いてある。激安スーパーとしてサイトもある。24時間営業とも書いてある。

 しかしこのサイトにある、「1円セール」というのはすごいな。どんなものが売られているのか知りませんが。時間がなかったので中には入りませんでしたが、今度は中に入ってみたいと。大阪の南の南には今まで目にしたことがないものがいっぱいある感じでした。まあでも危険ですが。


2007年04月23日(月曜日)

 (16:41)予定がなかったので暫く見ていましたが、「もらった一勝」ですね。まあ前々回と前回が「勝たしてもらっても良い試合内容」でしたから、これで帳消しと言えるのでは。

 私の松坂に対する評価は、「鈍感力が凄い」というものでした。高校からあれだけ騒がれて、しかも今も大投手でいるというのは、心臓に毛が生えていなければならない。実力はむろんなければならないが、外野の声をあまり気にしないある種の「鈍感力」が必要だと。打者に向かったときには敏感でなければならないが。

 しかし松坂もヒトの子だと思いました。Aロッドには凄く気をつかって投げていたが、他の選手に対する姿勢が甘くなる。そこで打たれる。ジオンビーの二本の当たりはそれほど良くなかった。しかし結果は6失点で、「運が悪かった」では済まない面がある。

 しかしそれでも勝てたのは、レッドソックスが今持っている勢いでしょう。特に4人の打者連続のHRは凄まじかった。うち3本はモンスター越えで、二本は場外。松坂は今回は勝たしてもらった。次は勝たないと。レッドソックスにとっては、今まで当たっていなかったラミレスに当たりが戻ったのが大きい。

 うーん、ヤンキースはこれで借金生活。明日から松井が戻るのですが、ピッチング・スタッフの手薄さはどうしようもない。暫く苦戦か。


2007年04月23日(月曜日)

 (06:41)始まる前から盛り上がってますな。松坂対ヤンキース打線。MLBのオフィシャル・サイトを覗いたら

Sox go for sweep behind Dice-K
Boston (11-5) vs. New York Yankees (8-8), 8:05 p.m. ET
 の見出しで、以下の記事がありました。松坂もAロッドを気にしているようで。それにしても岡島の活躍でレッドソックスはヤンキースに本拠地で2連勝。フェンウェイでの対ヤンキース開幕3連勝があれば、それは1990年以降最初だというから、松坂に対するボストンの期待は大きい。ヤンキースは松坂に負けたら、今季 so far 負け越しになってしまう。ボストンはまだ「5」しか負けてない。そのうち「2」は松坂。うーん。
 The latest big "first" for Daisuke Matsuzaka comes Sunday night at Fenway Park, when the right-hander officially gets his initiation into the madness known as Red Sox-Yankees.
 When the Red Sox invested $103.1 million in acquiring Matsuzaka, certainly there were thoughts of how this talented right-hander from Japan could shift the balance of power in the American League East in both the present and future.
 This will be Matsuzaka's first chance to show how well he can stand up to the mighty Yankees, and their never-ending offense.
 A win would give the Red Sox their first three-game sweep of the Yankees at Fenway since 1990, and also create a four-game gap between the American League East foes.
 "I don't know what to expect since I've never experienced it before," Matsuzaka said of pitching in the rivalry. "But certainly I'm looking forward to it."
 Though Red Sox-Yankees adds yet another element of hype for Matsuzaka, he's used to it. His every move has been followed since the moment he arrived from Japan.
 "He's been the center of attention and he's been a really good pitcher," said Red Sox manager Terry Francona. "This certainly won't overwhelm him. From what I've seen of him, he enjoys immense things like this. He'll be just fine."
 When asked who on the Yankees he looked forward to facing the most, Matsuzaka offered four letters and a dash.

 "A-Rod," he said.


2007年04月23日(月曜日)

 (00:41)PLCを使ってみて、「これは便利だ」というのを二つ。

 一つは、壁のコンセントだけが使用可能対象だと思っていたのですが、どんなに枝分かれしたコンセントでも問題なく使えると言うこと。つまり、どの家庭でもほとんど埋まっている壁際のコンセントを動かさずに、PLCの「どの部屋でもネット」が可能なこと。ただし設定は壁際の並んでいるコンセントを使ってやらねばならないかもしれない。

 第二に、コンピューターのワークグループ名を今まで使っていた家庭内LANと同じにしておくと、PLC経由でネットワークに入っても問題なくワークグループのコンピューターとして認識してくれること。これが大きいのは、メディアを移動せずにプリンターのない部屋からもコマンドを出すことが出来ると言うことです。プリント出来る。これが素晴らしい。親機と子機の主従関係は設定しましたから、このコンビはどこに行っても使えると言うことになる。ナイス。

 統一地方選挙では、長崎市長選に注目しました。伊藤一長市長が選挙運動中に倒れた後候補者が3人になってしまった。それほど有力ではない三人。で、まず前市長の娘婿が立候補した。横尾誠氏(40)。3人+横尾氏の時には、「3人の中から決まるよりは良い」と思っていました。世襲のおそれがありますが、有力ではない3候補の中から選ばれるよりはましと思ったのです。

 しかし望ましいことにもう一人出た。元市統計課長の田上富久氏(50)。お二人とも知らないので何とも言えませんが、補充候補も二人出たことで、長崎市民には健全な選択肢が示されたと思う。そして結果的に当選したのは、田上氏。

 実際に行ってみたわけではないので知りませんが、横尾氏陣営は徹底して弔い合戦、情に訴える選挙を行ったという。それは間違いだと思う。やはり政策を前面に出さないと駄目です。選挙運動も喪服で主に行ったという。気持ちは分かるが、横尾さんはご自分と政策を出さないと。長崎市民も戸惑ってしまう。

 そういう意味では、長崎市民は賢明な判断を下したと思う。参議院の補選は、自民・公明の与党と野党という組み合わせで見ると1勝1敗。これは予想通り、ということでしょうか。


2007年04月22日(日曜日)

 (23:41)やっと暖かい週末。どこも人が多かった。連休を前にやっと春らしくなったと言うことでしょう。しかし春は昼は暖かくても、夜は寒い。着るものを考えてしまう時期です。

 ところで、「初期不良」というのはあるものですね。これまで何年も使っていたエア・エッジが古くなったので最新のスピードの出るのにしようと思って、新宿西口の家電量販店に行ったのです。土曜日に出掛けた帰りに。新しいのが出ていました。AX530INで、今年四月発売だという。

 もう一つ前のを買いに行ったのですが、速いほうが良い。2ギガ近く出る。ちょっとしたADSLです。で買って帰ったのですが、これがどうしても繋がらない。ソフトウエアを入れてもです。コンピューターがカードを正常認識して、あとは電話番号を合わせても。とにかくアンテナランプがつかない。

 私の知識でも「これは機器の故障」と分かる。しょうがないので、日曜日に電話してもって行きました。「来ていただきたい」というので。また設定に1時間以上を費やして、今度はちゃんと自分でPCをもっていって新しいマシンがきちんと動くことを確認して交換してもらいました。

 よく”初期不良”というじゃないですか。しかし今まではあまりぶち当たったことがない。しかし、今回はそれだった。珍しいものにあたってしまったということです。まあ色々勉強になりましたが。

 それと、マンションで家の中の無線LANの通りが悪いので、この際PLCにしようと思って、これも安かったので買ってみました。一時は品薄で凄い売れ行きだったそうですが、最近は落ち着いていることを確認して。

 親機も子機も同じです。ただスイッチで親と子を区別する。設定は簡単でした。CD-ROMが付いていない珍しいマシン。だから簡単設置です。それが済んだら使いたい場所にもって行って、実際に使ってみたら、十分に速い。これは便利です。今までは電波が弱いところでは「あっちかこっちか」と迷っていた。それがなくなる。


2007年04月21日(土曜日)

 (10:41)ヤンキース対レッドソックスを見ていますが、松坂登板予定の第三戦は注目されるでしょうな。特に「松坂 対 Aロッド」の観点が。日本でもアメリカでも。松坂はアメリカでも注目の新人投手。Aロッドは絶好調。今日のシリングはAロッドに粉砕された。

 アレックス・ロドリゲス君は、本当に見ていてびっくりするほど絶好調。HRを左へ、そして右へと二本。右のHRは出っ張っているところとはいえ、「あのまま入るか...」という一本。第四打席のレフト線二塁打も球が上がっていれば入っていた。え、これで過去15試合で12本のHR。MLB記録だと。打点ももう30を超えた。一試合2打点以上。これはパワーですよ。サヨナラの満塁と3点HR。打率も4割に近い。凄い。

 一昨年、去年と、特にポスト・シーズンが惨めだった彼は、今シーズンは精神療法なども取り入れて復調をはかったそうですが、その成果が出ているようです。「ちょっと10月にとっておいてよ」と言いたいくらい。

 松坂は2敗だが、ゲームはちゃんと作っている。レッドソックスが打てないだけ。オリティーズはまあまあだが、ラミレスが全く駄目。もう何とかして欲しい。松坂が登板するときには、やはり松坂支援ですよ、わたしゃ。

 ということは、月曜日の午前中ですか。絶対見よう......。雪で流れないことを祈りながら。
――――――――――
 (11:31)その後の展開が凄い。8回裏にヤンキースの中継ぎが打たれて6−2から6−3になったところでリベラ登場。しかしこのリベラが連打を浴びてヤンキース6−7レッドソックスに8回裏終了。

 9回に出てきたのは、クローザーではなく普段は中継ぎの岡島。ワンポイントではなく、フランコーナの顔を見たら、岡島で締めと最初から決めていたのだろう。その岡島がジーター(ニ塁ゴロ)、Aロッド(二塁ハーフライナー)を抑え、ジオンビーを外していたヤンキースはだらしない代打が最後の打者に。三振。ボストンでは、日本人投手二人の評価は上がりっぱなしでしょう。

 もうボストンに行っているだろうご夫人の栗原さんも嬉しいでしょう。二人のお子さんも。岡島は試合後のインタビューで、「(対ジーター)普通に行ったら打たれると思ったので、クイックで行ったり...。(対Aロッド)HRだけはいかんと思って、球に心を込めて....。(ボストンのファンに受け入れられたのでは、という質問に)まだまだです。もっとアピールしていきたい」と。

 まあでも強烈ですよ。ヤンキースはリベラはぼろぼろ。対するレッドソックスはクローザーが二枚になったようなもの。


2007年04月20日(金曜日)

 (25:11)あまりにも奇異で刺激的だ。だから放映されれば、かなりの人が見るだろう。実際に視聴率も良かったに違いない。

 しかし大きな問題がある。テレビで繰り返し全局で放送されるような人物は、徐々に英雄に見えてくる。大きな犯罪者であろうとも、だ。とどうなるか。「大きな犯罪をすればテレビで繰り返し放送される英雄になれる」と思い違いする人も出てくる。これは copycat(模倣犯)に繋がる。

 さらに犯罪であろうとも、繰り返し放送されることで、犯罪者の行為と人物が自己主張を始めてしまう。金正日は自分と父親が国のあらゆる場で繰り返し登場するように国を作っている。それと同じで、テレビでの繰り返しの放送は、その人物の行ったことに何らかの正当性を与え、犯人を英雄的存在に魅せてしまう効果が出てしまうものなのだ。場合によっては、親近感さえ感じる人も出てくるだろう。

 アメリカで韓国人学生チョ・スンヒ容疑者(23)から送られた「犯行声明」のビデオ映像を受け取ったNBC放送。そのビデオを警察に渡したところまでは良かったが、それを「これでもか」というくらいに使ったことで批判を浴びている。犯罪の分析に使うのなら良いが、どうも「それが刺激的だから」ということで使っているように私にも見えた。

  金曜日の朝のラジオ番組の前にCNNを見たが、CNNは(NBCへの)批判が高まっているといいながら、控えめに犯人の映像を使っていた。しかし、繰り返しの使用が問題な理由はまだある。まず第一に遺族の方々に失礼だと言うことだ。犯罪者の主張ばかりが流れるが、遺族の方々の声はかき消されている。遺族はこれに納得いかないだろう。32人はなぜ殺されたのか。

 第二に、大きな犯罪故にテレビの視聴率が上がったとしたら、テレビ局が結果的に犯罪から利益を得るような形になる。公共の電波の役割としては、社会を脅かす犯罪を抑止するような方向が望ましいし、実際に視聴者にとってもいつ被害者になるかも分からない社会は回避したい。この面でも大きな教訓が残った事件と言える。
 ――――――――――
 それはそうと、先週に引き続き金曜日の午後に出張。今回は長野市に。NHK長野放送局が独自に金曜日の夜8時から9時までやっている知るしんという番組に呼ばれて、出掛けたため。ちゃんと日帰りが出来ました。終わって直ぐに局を出て、9時40分に乗って東京に帰ってきたのが夜11時20分かな。

 本格的な報道番組でしたよ。なかなか力が入っていた。全国的なニュースになったあずみの交通の関西でのバス事故。あれがなぜ起きたのかを掘り起こしていた。VTRもよくまとまっていた。結局規制緩和は「力関係の変化」を呼ぶんですよ。旅行会社とバス運行会社の間の。規制緩和でバウス運行会社が著しく増えた。増えた方は競争に晒される。

 内容を余り深くは書きませんが、私からは一つ提案をしました。それは、あまりにも安いツアーは消費者にとっても不安だ。であるからこそ、旅行社は少し価格を高く設定して、その代わりに

  1. この300円は運転手を3時間おきに交代させるコスト
  2. この200円は運転手を良くきちんと休ませるホテル代
 と明示するのはどうだろう、ということだ。その方が、妙に安くて消費者が利用に二の足を踏むよりは時代の要請にあっては以内のだろうか、という点だ。是非そうして欲しいし、それの方が時代の要請にあっていると思う。
 


2007年04月19日(木曜日)

 (00:11)先週の土曜日だったかな、コンペの後に私より上の男性Tさんが「最近体の調子がおかしくなって、調べてもらったらはしかだった」と言ったので、全員で「えーーーー」と言って、「年はなんぼ、、、、」と笑ったのですが、今日ネットサイトの記事を見てびっくり。

 なんと子供の間ばかりでなく、大人の間でも「はしか」がはやっているというのです。「じゃ、親愛なるTさんははやりものをもらっていたわけか....」と!?。普通子供のうちにかかって、はい終わりというやつじゃないですか。私はもう確かすませていたと聞いていたのですが。変な病気が最近は蔓延しますね。

 大阪からの新幹線の中でインド・ビジネス・センターの島田卓さんにばったり。以前インドをラジオ番組で取り上げたときにゲストに来て頂いたし、インドの本も読ませて頂いた。

 島田さんがさかんに「最近始めました」と言っていたのは、このサイトの事ですかね。インド株の日本における情報は少ない。まだあまりよく見ていませんが、「Sensexが15分遅れで....」と仰っていた。日本の投資家には貴重なサイトになるかもしれません。

 最近は月三回くらいのペースで日本で講演し、そしてまたインドとの間を行ったり来たりと。「今週はちょっと重なって忙しい」とも。もともとは東京銀行の方で、私も友人が多かったので何人も共通の知り合いが話の中で出てきました。

 東京に着いて直ぐに国際フォーラムでJストリームさんの10周年に。凄い雨の中、熱心なかたが大勢集まっていらっしゃいました。私のポッドキャストはこの会社のサービスでき上がっている。松永真理さんや、Always三丁目の阿部秀司さんなど多彩の方とお会いできて良かった。

 三丁目は、11月3日に「2」がリリースされるという。楽しみです。「一足先に、日本橋の上の高速道路をとってみました」と。ははは、それは景色が違うのではと楽しみですね。

 夜は誘われて渋谷の文化村で、写楽考を観ましたが、おもしろかった。写楽がいったい誰で、なぜ短い間に矢継ぎ早にあれだけの作品を残したのか、については最近のNHKの番組が取り扱っていましたが、「謎」と「説」が多い。

 それに一つの仮説を立てて劇を作り上げている。私はめったにこの手の作品を見ないのですが、写楽に関するテレビ番組を2本ほど見た後だったので、非常に「なぜ」が一つの説として理解できた。会場は満杯でした。

 昨日の「あいりん」地区に関連した文章には、いろいろな方からメールをいただきました。ありがとうございました。東京の山谷でもそうした現象が進んでいるという話を送ってくださった方や、「今がピーク説」に関する賛成のご意見の方。メールありがとうございました。<


2007年04月18日(水曜日)

 (24:11)大阪の労働者の街「あいりん」地区が、労働者の減少もあって、大きく変身しているという話しは面白かったな。関西のテレビを見ている人しかご存じないと思いますが、街全体が今度は外国人の取り入れに尽力し、その結果全宿泊者に占める外国人の割合が著しく増えているという。

 見ていて面白かったのは、アメリカ人にしろヨーロッパの人にしろ、日本人がそうは言ってもあまり近づかない場所に、おもしろがって近づいていること。私が「インドの農村に行きたい」というとインド人の友人が「やめよう」と言っていたのを思い出しました。

 世界のあちこちをいっている人間としていつも思っている印象を言うと、今の世界は回るにしても主要都市の中心街はほとんど面白くない。例えば最近大阪の御堂筋にハリー・ウィンストンが出来たが、全く入る気はしない。なぜなら、東京のそれ(例えば銀座2丁目)と違ったモノが数多く置いてあるとは思えない。アメリカ村にしろ、裏原との違いは小さいように思う。

 これは別に東京と大阪の違いではない。世界の主要都市でほとんど同じ事です。主要な通りは、出ている店が見事に揃ってきている。地域住民には必要でしょうが、バックパッカーがああした店に興味を持つとは思えない。

 回って面白いのは、その国にしかないもの、その国にしかない地域、その場所にしか居ない人々です。少なくとも世界中を回っている旅行者にとっては、「あいりん」地区は興味の持てる場所でしょう。ホテル代、宿泊代が安いのも彼等にとっては良い。

 そういう点を考えれば、今まで「こんなところに人が来るのだろうか」という場所が実は街興しがけっこうできるという話しではないでしょうか。むしろ街をある程度そのまま出した方が良いと言える。

 ちょっと先の話しかもしれませんが、世界中の主要都市の中心部に同じようなブランドショップが出来ているのは今がピークではないでしょうか。今後は徐々にその街らしさをいかに作るかを考える時期に来ていると思う。


2007年04月17日(火曜日)

 (09:11)バージニア工科大学の銃発砲・乱射事件は、銃社会のアメリカが常に抱える危険性をまたまた示しました。怨恨、狂気、人種騒動など直接的な原因は不明。これからの調査によるのでしょう。

 アメリカの新聞を読んでいたら、ウォール・ストリート・ジャーナルの中にFBIの類似事件発生警報を見付けました。アメリカでは学校での発砲事件はほぼ毎年のように起きている。ボーリング・フォー・コロンバインはまだ記憶に新しい。関連する記事は以下の通りです。

FBI Warns of Copycat Attacks
Mary Lu Carnevale reports on FBI advice on school shootings.

After a school shooting, watch out for copycats. That’s the message from the Federal Bureau of Investigation behavioral analyst who wrote the FBI’s main assessment of school shootings in the late 1990s.

The FBI today recycled the “threat assessment” and a fall interview with the author, Supervisory Special Agent Mary Ellen O’Toole, today after a gunman killed 32 in a spree at Virginia Tech in Blacksburg, Va. Watch out, she says, because, “We do believe a copycat effect takes place after these events.” Her advice: “Be aware of people’s moods. Don’t depend just on how they answer the question, ‘How are you doing?’” Most school shootings are planned, she says, so watch for signs: buying weapons and ammunition, target practice, suicide or other letters. “People who act out violently don’t wake up one morning and snap,” O’Toole says. “There are clues.”

But she cautions, “There is no typical school shooter,” so all threats should be taken seriously, and in the end, “There may not be a single thing that can be done to prevent a mission-oriented person from committing an act of violence.”


2007年04月16日(月曜日)

 (11:25)朝日新聞というのは時々面白い記事を一面トップに持ってくる。今朝のセカンドライフもそう。

 なぜ興味を持ったかというと、実は先週の木金曜日にアメリカ版に入ったのです。ラジオ番組で取り上げることもあって。まあその前に、テレビの出演番組なんかで知ってはいましたが、入るきっかけがなかった。

 ただし先週の段階では、使ったマシンがビスタだったのですが、セカンドライフがVISTA対応していなかったこともあって、既に入っている人のアバターを借りて遊んだ。相手はニュージーランドの人で、英語でやりとりしました。面白かったですね。病院関係の人だった。しばらく話していました。もっと面白くなるには、相手が選べる、どういう属性の人かが分かることでしょうか。

 「近く日本語バージョンが発足」と知っていましたし、朝日新聞にもそう書いてあったので、グーグルで「secondlife」と検索したら、このサイトが出てきた。先週まではなかったと思ったのですが、朝日の記事にあわせて日本語サイトもオープンしたのですかね。

 アメリカのサイトと同じ名前で登録しようとして等、「既にそういう方はいます」と拒否され、しかたなくセカンドネームを別にして登録しました。

 しかしまあうまく出来ているなと思うのは、登録しただけではアバターが衣類を身につけていないのです。買わないといけない。どこで買うのかまだ分からない。ははは、今週集中的にやって、土地まで買ってしまおうかなと。色々な商売が出来そうです。まずは衣類はよく売れるでしょうね。

 気付いただけでもいろいろ面白いことがある。リンデンタイムもそうだし、当然リンデンドルもそう。クレジットカードで買うので、買うのは簡単。リンデンドル→米ドルはどうやったら可能なのか。

 登録者数は559万人、過去半年にアクセスした人は150万人とある。入っても続ける人は少ないと言えるかも知れない。私がどっちになるのか。大手企業もここには進出している。バーチャルとリアルが交差している面白さはある。


2007年04月15日(日曜日)

 (22:25)ははは、鬼の霍乱ですかね。土曜日にちょっと喉が痛いなと思っていたら、日曜日起きたら38度近い熱がある。全く珍しいことです。めったに風邪も引かないし、熱も出ない。「久しぶりの熱だな....」と。

 全然苦しくはない。また私の理解としては、人間時々熱を出すのは身体の雑菌が死ぬし、熱が出ると言うこと自体身体の中に抵抗力があるということで、それほど気にすることはないと。ただし、ちょっと身体を動かすときにギシギシするのが気になりますかね。でもその他は通常と同じ。

 明日になったら良くなるでしょう。


2007年04月12日(木曜日)

 (04:25)ニューヨークの株は大幅に下落(ダウで100ドル以上 書いている時点で)、一方ドル・円は119円台の半ばに.....。

 原因は3月末に行われた連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録(11日公表)でしょうな。以下のように書いてある。最後の方です。

 In light of the recent economic data and anecdotal information, the Committee agreed that the statement to be released after the meeting should note that economic indicators had been mixed, that the adjustment in the housing market was ongoing, and that the economy seemed likely to expand at a moderate pace over coming quarters. Members agreed the statement also should indicate that inflation pressures seemed likely to moderate over time, but that recent readings on core inflation had been somewhat elevated and the high level of resource utilization had the potential to sustain inflation pressures. A persistence of inflation at recent rates could eventually have adverse consequences for economic performance. All members agreed the statement should indicate that the Committee's predominant policy concern remains the risk that inflation will fail to moderate as expected. The Committee agreed that further policy firming might prove necessary to foster lower inflation, but in light of the increased uncertainty about the outlook for both growth and inflation, the Committee also agreed that the statement should no longer cite only the possibility of further firming. Instead, the statement should indicate that future policy adjustments will depend on the evolution of the outlook for both inflation and economic growth, as implied by incoming information.
 特に下線の部分は効く。「もしかしたら利下げかも」というのが、最近のニューヨークの市場関係者の「次のFRBの一手」に対する期待でしたから。これを見る限り、3月のFOMC声明は、FRBが抱くインフレ懸念を意図的に表に出さなかったとも言える。

 マーケットは見ているようで、当局の意図をあまり読めていないというか、期待で見ているということでしょうね。ただし、ニューヨークの株の下げはそれほど続かないと思う。


2007年04月11日(水曜日)

 (23:25)「ついに登場.....」という感じですかね。

 水曜日の夜です。タクシーに乗ったらスイカマークの付いた感知器が運転席と助手席の間から後ろに出ている。私はタクシーで初めて見ました。IDとかエディーの精算機なら今までも何回も見かけて、エディーは持っていますからこれは小銭がポケットに残らずに便利、と使ってきましたが。

 確かKMさんだったと思ったのですが、全部に入っているわけではなくて、その運転手さんが所属している営業所で100台のタクシーにスイカカード利用端末が付けられたそうです。さっそく利用してみましたが、一瞬精算ですから便利です。

 利用したときの音はエディーの方が綺麗かな。スイカの利用の時の音はちょっと控えめ。しかし小銭を持たずに乗れるタクシーが増えたと言うことは良いことです。

 東京に帰ってくる前の大阪では、ちょっと珍しいことをしました。東京は長年住んでいますから、街が何時頃はどうなっているというのが各地点についてほぼ予想できる。昔から徘徊していますから。しかし考えたら、大阪は市場(いちば)も知らないし、街の朝の顔は全く知らないことに気がついた。

 で水曜日は偶然ですが早く目が覚めたので、大阪の朝の街に出てみることにしたのです。たとえば心斎橋から道頓堀にかけての繁華街の朝の顔はいかほどのものか、また築地と並び称される大阪の市場・黒門市場はどうか、と思って。桜ばかりを見ているのが能ではない。

 心斎橋から道頓堀、というか難波にかけてのあの小さい道が幾重にも交差している場所は、予想通り朝の6時になっても、遊び疲れた若者たちが一杯たむろしていました。通りかかるタクシーに手を挙げるでもなく。いやにクロずくめの男の子と、これもクロっぽいアタイアの女性が目立つ。黒服さんかなとも思うが、風体が違う。

 がっかりしたのは黒門市場です。堺筋にある。築地の朝のような喧噪を期待していったら、朝は一部の店が開いているだけでひっそり。曜日のせいでしょうか。喧噪が増すのは何時なのか。また機会があったら行ってみたいと思っているのです。なにしろ、「大阪の台所」と言われている場所ですから。

 朝を少しでも見たことで大阪という街の24時間の回転に対するイメージが徐々にできあがりつつある。海外に行っても、そこの朝市などを見るのが好きですね。一日の始まりが分かれば、その街をよりよく理解できる気がする。

 それにしても、大阪の人は揃って「大阪はあかん」と言う。人口でも神奈川に抜かれたりして、確かに勢いでは東京、名古屋にちょっと置いて行かれている。しかし、私は面白い、伝統のある街だと思っているのです。堺筋を黒門市場を通過して南に下ると、「日本橋筋」になる。その先はまた堺筋。家電量販店がいっぱいあるのです。東京で言うならば、秋葉原。

 大阪の日本橋筋に「萌え系」がいるのか、いないのかは知りませんが、せっかく来ているのだからもうちょっと大阪探索をと思っているのです。


2007年04月10日(火曜日)

 (25:25)東京はもう桜はほぼ終わりで、大部分の木が葉桜ですが、大阪や新幹線で通りかかった京都は今が盛り。染井吉野も実に綺麗に咲き誇っている。

 先週に引き続き、造幣局の通り抜けをしましたが、明日終了というのにまだ満開には至っていない。しかし先週よりはより多くの木が綺麗に咲いていました。といっても大阪の造幣局の桜は、一本一本が違う品種。満開の時期はそれぞれの木によって違う。

 でも何か不思議な気がしますね。天気なんかは全部西から移動してくるのに、桜だけは東から満開の時期が移動する。満開の時期は東京から北へも移動する。不思議な感じがする。

 それにしても、北朝鮮に対するアメリカの姿勢の変化には驚かされる。今日からはBDAにある北朝鮮の52口座の2500万ドルは、何ら問題がないお金だと言い出したようです。一部の報道によれば、ですが。

 いくらイラクで困っていて、議会が民主党主導になったからといって、そこまで主張を変えることはアメリカの威信にかかわると思う。リビアや旧ソ連に対して取った一貫した態度をなぜ取れないのかと。リビアと旧ソ連は、アメリカの一貫した姿勢故に変わった。

 彼の国は、言ったことをどのくらい守るか分からない国。何回もそういうことがあったにもかかわらず、アメリカが一貫した姿勢を取れないとしたら、事態は解決にではなく複雑化の方向に向かう可能性が高いと思う。


2007年04月09日(月曜日)

 (25:25)ビスタはなんでこんなに使いにくいのか、と思っていたらあるコンピューター関連の仕事をしている人から、面白いことを聞きました。彼はこういうのです。

 以前はマイクロソフトの日本支社長はアメリカ本社の副社長クラスでした。今では課長程度ですから。それに、ビスタのアジアバージョンの開発は、東京ではなく北京でした
 と。そりゃダメだ。私のビスタは最近まで辞書変換が非常に遅かった。最近アップデートが出てかなり速くなったのですが、時期尚早にビスタを日本で買った人は皆苦労している。とにかくドライバーが酷かった。OSの発売段階でこれだけドライバーが揃っていなかったのは珍しい。いつになったら使いやすくなるのやら。

 東京都知事選挙を含めて、今回の地方選挙はすべて現職の勝ち。私が見るところ、挑戦者には難しい選挙だった。今に始まったことではないのですが。なぜか。

 思ったのは、地方政治は無力ではないが、雇用と資金の流れも経済のグローバル化の中で支配される時代において、また各自治体の財政の赤字が膨らむ中で、日本の県、市、町など各自治体が出来ることは徐々に狭まっている、ということ。だから、実際には地方自治多が出来ることは限られてきている。それは国民国家もある意味で同じなのですが。

 日本の地方自治体の中でも、税収の大きさでは東京都が突出している。その分東京が出来ることは多い。しかしその東京でも選挙戦の争点は分散した。そして有権者が石原都知事の三選を支持した最大の理由は「人柄」となっていた。

 立候補している人々は、「私はこれをやる」「これが出来る」と主張しているが、それがどこか選挙民として疑わしく感じるのは、各自治体の税収にしろグローバル経済の大きな流れの中で決まっているし、格差の問題もそうなのに、「私が出来ること」というのが過大に表示されているからでしょう。

 投票所に向かう際にも、「この投票にどのくらいの意義があるのか」とつい思ってしまうのが現実で、こうした傾向は暫く続くのでしょう。


2007年04月08日(日曜日)

 (20:25)最近キオスクの人材募集の公告をよく見たり、場合によっては昼間でもキオスク自体が締まっているのを「おかしいな」と思っていたら、今朝の新聞で理解がいきました。

 朝日新聞だったと思ったのですが、「熟練店員去り、人手不足」とある。ややシステムを昔からいじったのですな。ベテランの勘と暗算の速さに依存したシステムを、スイカなどを使って若い人でもやれる方法に。

 しかしそれがうまく機能していない。ベテランは辞めたが、景気の回復で若い人が集まらないという状況。よってキオスクは180店の休業中だそうです。そりゃ大変だ。だからの「採用広告」になっているというわけですか。今後、人出不足はあちこちで顕在化するのでしょう。

 日中は桜の中を4人で歩いたのですが、行き帰りに面白い話がいっぱいありました。私のこの本に出てくる銀座の有名和食店が最近閉店したのは実は「夜逃げ」だったとか、超有名な寿司屋が実は実質倒産した状態だとか。

 店は難しいんですよ。変わっていないようで出すものを変えていかないといけない。客の味覚も変わるからだし、時代の要請も変化するかです。だから本当に長く店を出しているところは、しばしば客に気とられないように中身を変えている。

 いくつかの店のように、「この店は10年」と決めている店もある。これからも店の新陳代謝はすごい勢いで進むんでしょうね。今はミッドタウンに出している店も、一年もすると大分入れ替わることになると思う。ヒルズもそうでしたから。


2007年04月07日(土曜日)

 (15:25)ボストンの新聞の興奮状態は醒めやらないようです。今日はこんな記事を発見しました。なかなか力が入っている。

Dice-KKKKKKKKKK Matsuzaka lives up to billing in debut victory
By Dan Shaughnessy, Globe Columnist | April 6, 2007

KANSAS CITY, Mo. -- Dice-K was Ice K. He was also 10 K. And Special K.

Maybe even a Japanese Pedro. Or a Pocket Rocket.

Given the hype and hysteria that have accompanied his every move and word since the Red Sox spent $103.1 million to acquire him, we figured it would be almost impossible for rookie righthander Daisuke Matsuzaka to live up to expectations in his first regular-season appearance before major league hitters.

But he did. On a day better suited for the Winter Olympics (36 degrees), Dice-K struck out 10 Kansas City Royals and allowed only one run on six hits over seven innings of a 4-1 victory at Kauffman Stadium yesterday. The game was witnessed by 23,170 real-life spectators (including Mrs. Dice-K, who was seated behind home plate), plus NESN-watching citizens of Red Sox Nation, and millions of proud Japanese fans, who got up at 3 a.m. to watch on television.

"It's great that I was able to record a victory in my first start," the moonfaced pitcher said through his translator. "Up until now, given all the expectations -- they were a little bit extreme -- but I'm happy."

He's not the only one happy. Red Sox owner John W. Henry, the man who approved the whopping $51.1 million posting fee to acquire Matsuzaka from the Seibu Lions, was also happy. Same for general manager Theo Epstein, who negotiated Dice-K's $52 million, six-year pact.

"It was nice to see him get off to a good start," said Epstein, who watched from the stands. "It was an organization-wide effort to get this guy. We put a lot on the line, but this is really just the beginning. It's always great to watch a pitcher who has a lot of different weapons."

Dice-K emptied his toolbox in the chilly climate. He threw fastballs, sliders, changeups, curves, splitters, cut fastballs, and two-seam fastballs in 108 pitches. Maybe even a gyro or two. It was mildly reminiscent of Pedro Martinez's first game with the Red Sox in 1998, when the Dominican Diva fanned 11 Oakland A's in a 2-0 victory.

Cynics can cite the brutal hitting conditions and the caliber of the traditionally last-place Royals lineup, but in his first game Matsuzaka delivered on all the expectations that accompanied his celebrated journey to America's major leagues.

"Expectations, from what I've heard so far, are unreachable," said Red Sox manager Terry Francona. "But he's got this thing figured out better than anybody else. He loves to pitch, he enjoys the game, and he's pretty good."

 なかなか名文でしょう。Ice-KはDice-Kから「D」をとったのでしょう。氷のように冷静だったと言っているわけです。そりゃそうだ。「びっくりするほど普通に試合に入れた」と松坂自身が言っている。「10-K」は10三振を指す。a Japanese PedroのPedroとはレッドソックスにいたペドロ・マルチネスを指すし、a Pocket RocketのRocketとは、以前ヤンキースにいて去年まではヒューストン(でしたっけ)でプレーしたロジャー・クレメンスを指す。

 ハハハ、今日ちょっと気になったのは一夜空けた松坂が、「勝ち続けなければ」と言っていることかな。そんなことは必要ない。負けるんですよ、いつかは。言っていたとおり、「ゲームを作ること」が出来れば、勝ち星は積み重なると思う。
 


2007年04月06日(金曜日)

 (07:25)ものすごく嬉しいです.....と断った上で、松坂投手のメジャー初戦勝利には二つの留保条件があったと思いました。それは、ロイヤルズが昔から強いチームではなく、昨年は最下位だったこと。二つ目は、私の目から見て5回の三振、盗塁失敗のロイヤルズの攻撃について、「盗塁失敗」は松坂にとっては贈り物だった、と思っているのです。審判の目の位置にもよるのですが、私には二塁はセーフに見える。あの打者が残っていたら、その後ヒットが出たので2−2になっていた可能性がある。

 そういう印象は残ったものの、松坂のメジャー初勝利が立派な勝ちであることには間違いありません。私が午前2時30分から起きて試合全部を見ていて持った印象を書くと

  1. ゲームに向かう意識が「ゲームを作る」という一点に集中した点は、「大人の投手のデビュー」という印象がした(とても新人ではない)

  2. ゲーム全体を見ていて、彼自身が非常に落ち着いていた。ピンチの時にはそれが光った

  3. 自分の調子を図る冷静な目があったし、非凡さを感じたのはフィールディングで、アメリカの投手にない機敏さが感じられた

  4. チームメートに好かれている印象が強く、早くもチームに溶け込んでいるのが分かった
 という点でしょうか。ヒットは6本(HRが1本)打たれましたが、逆に非常に良い球も投げていて、その結果7回を投げ終えた段階ですが、三振が10個もあったことは高く評価できると思う。

 松坂の次の対戦相手は、今シーズンちょっと調子が良いマリナーズ。徐々に本領を問われるが、彼ならやれるでしょう。最後に試合が終わる直前のボストン・グローブの記事の書き出しを。見出しは「Worth the wait」(待つにあたい)です。

 KANSAS CITY, Mo. --Dice-K was more than OK.

 With millions of early rising viewers keeping track on Japanese television, Daisuke Matsuzaka struck out 10 in seven innings in his major league debut Thursday to lead the Boston Red Sox over the Kansas City Royals 4-1.

 Matsuzaka (1-0) allowed six hits, including a sixth-inning homer by David DeJesus, and walked one in his first game in the major leagues, his fastball clocked at 95 mph.

 His famed array of fastballs, changeups and breaking pitches at times was dazzling. Flashing a reddish-orange glove during his slow-motion windup, he retired 10 batters in a row during one stretch starting with the final out of the first inning. He struck out the side in the fourth on 14 pitches.

 He also proved himself a skillful fielder, pouncing off the mound three times to field weak grounders.



2007年04月05日(木曜日)

 (24:25)六本木に行ったので、東京ミッドタウンを今度は違う角度で見ました。地下のスーパーマーケットを中心に。24時間営業というのがまず目に付いた。まあ私はあまり使うことはないかもしれないのですが、眠らない街である六本木としては考えてみれば当然という気がする。

 たまたま近くで店をやっている知り合い二人に店内で会ったので、一緒に回りながら値段を見ていたのですが、その人達は「そうは違わない」と。しかし店(東急ストア)の人に聞いたら、「ここはちょっと高くなっています」と。まあいろいろ揃っているし、24時間ということになれば、使い勝手が良いかもしれない。美味しい店、話題の店も多いらしいのですが、なかなか行けない。

 それにしても、相変わらず凄い人。あちこち動く気はしない。狙いを定めて行きたいところに行くというパターンが良いと思う。人の動きがぎこちないのは社会人一年生や就職活動の学生が多いことも影響していると思う。もちろん、新しい街の見学者そのものが非常に多いということが最大の原因でしょうが。

 屋久島に行って花粉症が楽になった件については、ある方からメールをもらいました。その人は以前から杉林に行っても鼻は楽だそうで、「花粉と都会の粉塵というかまざりものが合体したものが鼻に影響するのではないか」との意見を頂きました。そうかもしれません。

 それにしても、帰ってきても鼻の調子が良い。季節はまだ花粉症の季節ですが、しばらくは楽そうです。


2007年04月04日(水曜日)

 (24:25)東京に戻ってきたら、いろいろな番組が変わっていますね。日経CNBCは結構変わっていて、見ていておもしろい。まだ多くの番組を見れていないのですが、朝の番組をかなり変わっているようで、これから見るのが楽しみです。

 それにしても、全く不思議なことに杉の島の屋久島から帰ってきたら、鼻の調子がすこぶる良い。それまでは痒かったり、痛かったり、止まらなかったり。ところが、屋久島に居た2日目くらいから非常に調子が良くなった。

 どうしてだか分かりません。杉の品種が違うのか。それにしてもどえらい天候です。夕方からスタンバイの花見の会だったのですが、向かうときの寒かったこと。しかし、終わったらちょっと暖かくなっていた。まだまだ三寒四温は続きそうです。


2007年04月03日(火曜日)

 (14:25)屋久島から鹿児島経由で大阪に来ていますが、昼頃着で早かったのでそろそろ桜かなと思って大川の川岸を天満橋から桜宮駅に通じる橋の近くまで歩きましたが、それはそれは綺麗でした。9分という感じ。東京でもそうですが、桜は水面に映える。

 屋台が出ていて、やっているところと準備しているところと。シートが用意されていて、場所取り要員がもう暇そうに夜のために時間をつぶしている。少し歩くと左に八重桜で有名な造幣局が見えてくるのですが、既にあのピンクの花がほころびだしている。人がぞろぞろ。

 通常大阪造幣局の八重桜は4月の第二、第三週らしいのですが、今年は過去もっとも早く今週の5日から通り抜け解禁だそうで、そしたらあの庭は凄い人出になるのでしょう。屋久島にも桜はありましたが、山桜という感じで少し小さめだった。

  それにしても、日本語の読み方は難しいな、と改めて思う。東京にも大阪にもあるのですが、「大川」(通称)は「おおかわ」と読む。しかし屋久島にある「大川の滝」はどう読むか。なんとこれは、「おおこのたき」と読むのです。とても聞かなければ読めない。

 さらに、屋久島には「尾の間」と書いて「おのあいだ」と読む場所、というか集落がある。しかし種子島に行って「島間」はなんと読むかというと「しまま」です。南西諸島には西表島がある。「いりおもてじま」です。沖縄では「西」は「いり」です。

 しかし、種子島では「西之表」という一番大きな街は、「にしのおもて」と読む。まあ、人の名前も難しいのですが。


2007年04月02日(月曜日)

 (26:25)屋久島でヤンキース対デビルレイズの試合を見ながら書いています。屋久島に来るのは去年に続いて二回目。去年この島に魅せられたのがまた来た理由ですが、今年は約一日かけて隣の種子島にも行ってきました。トッピーでちょうど30分。

 屋久島が小さい割に九州一高い山(宮ノ浦、1900メートル前後)を持つ島なのに対して、種子島は地図では全般に平坦な島に見えた。しかし行ってみたら確かに一番高い山で280メートルしかないが、実に起伏に富んでいるのです。地図で見るのと大違い。田植えを間近に控えた田圃が多く、赤米も出来る。屋久島には田圃は少ない。豊かな島という印象です。その象徴なのか、島中にちっちゃなのから大きなのまで、実に多数の神社がある。その数の多さにはビックリします。日本で一番最初に稲作を行った島との見方もあるそうです。

種子島南部の門倉の鉄砲伝来碑  種子島といえば鉄砲伝来と宇宙センターですが、この二つは目と鼻の先です。鉄砲伝来を記した場所から、宇宙センターが見えるのです。ちょっと遠くですが。ともに南部にあって、門倉という岬から直ぐの地区。16世紀(確か1543年)と20世紀(さらには21世紀)が同居している。こんなに短い距離に。むろん種子島の南部が宇宙センターに選ばれたのは赤道に近いなどの理由がありましたが。

 やはり伝来の地に行くと感慨がある。いつかは日本に鉄砲は伝わったのでしょうが、種子島は昔から砂鉄が取れて、優秀な刀鍛冶がいたからこそ、ポルトガル人から島主が買った銃から日本製が出来るまでに1年しかかからなかった。種子島だからこそ出来たような気がする。しかもそこには、金兵衛という職人と、ポルトガル人と一緒に彼の地に渡った若狭という娘がいたことも知りました。種子島がずっとポルトガルとの良い関係を維持していることも知った。

 宇宙センターでは、大型ロケット発射場、司令センターなどを回る約1時間のツアーに参加したりして見学しました。大型ロケット発射場は迫力がある。ロケットの噴射した煙が海側に主に流れる仕組みなどが面白かった。打ち上げロケットの両側に立つ鉄塔は、実は主な狙いが避雷だったとは知りませんでした。ドーリーという63もタイヤがある運搬車も面白かったですよ。ゆっくり組み立て倉庫からロケットの発射サイトに運ぶ。

 それにしても、宇宙センターの周辺は「こんなに綺麗なのはもったいないだろう」というくらい環境が、そして景色がよい。種子島のいわさきホテルからはエレファント・ヘッドという非常に印象的な岩がある。海岸も綺麗だし。世界一綺麗なロケット発射場と呼ばれているらしいが、その意味がよく分かる。まあ面積はNASAのケネディセンターのわずかに2%しかないらしいのですが。

 種子島の若者4人には助けられました。誤ってレンタカーを砂浜にはめてしまったのです。前輪駆動なので、出られなくなった。全く偶然にそこにきていた島の若者4人がロープを張って四駆で後ろから引っ張ってくれた。4人がいなかったら、2時間は時間を無駄にするところだった。感謝感謝。実は種子島では帰りのトッピーの時間を間違えて余裕の筈が間一髪というドジもあった。しかしまた来たい島でした。この鹿児島の南にある二つの島は個性があって良い。

 屋久島は去年一応回りましたので、今年はゆっくりと主要道路を外れに外れて海岸にある海の中の温泉などを訪ねて。工房も屋久杉のそれや、屋久焼のそれなどいろいろあって、ちっちゃいがそれぞれこじんまりと経営をしている。そうした店を見るのも楽しかった。フルーツ園なんてのも面白かったな。マンゴが美味しい。パビルスの木もありました。

 まあでも、二つの島とも道を走っていると廃屋のような家がいっぱいある。高齢化も進んでるんでしょう。後継者が島に残らなかった家も多いはずです。一方で、明らかに暖かいし、個性もある。地価が安い、しかも豊かな自然もあるということで、退職して島に土地を買い、そして移ってくる人も多いそうです。これからの島の運営はどうするのか、難しいところでしょう。

 書いている最中に、岩村が松井の前に実に綺麗なヒットを放った。松井はまだノーヒット。ヤンキースは負けている。どうなることやら。



ALL RIGHTS ARE RESERVED.Copyright(c)1996〜2016 伊藤 洋一